C-4.保税地区・免税地域について

◆「保税地区・免税地域」は、それぞれの国によって違いがありますが、「国内への導入集積地」「三カ国間の取引重視」「海外拠点化の整備」と様々な役割があります。

◆また、日本の商社や大手メーカーがこれらの地域や地区に多く進出しているということもあり、海外進出をする際にこのような地区・地域への進出はまず選択肢にあがります。しかし、政策の変更等で撤退を余儀なくされるケースもあるため、油断は禁物です。