C-11.既に市場王者が存在する市場は難しい

◆日本企業、とりわけ中小企業は、市場リーダーがいる市場に参加して、そして、シェアを取得する戦略で海外戦略を立案するケースがあります。その場合、後々に、多額の出費や現地投下資本の増大が引き起こされて、撤退戦略もままならない場合があります。

◆法遵守の文化的背景や特許等の契約関係が成立しない国々も多いため、市場王者がローカル企業(現地の財閥等)であれば、小売・サービス分野は当然ながら、製造・中小企業といえども、進出による成功は困難を極めます。


Anal